まだ乳歯が抜けてないのに…先に“永久歯”が生えてきた時の対処法!

まだ乳歯が抜けてないのに…先に“永久歯”が生えてきた時の対処法!

乳歯と永久歯が生え変わる時期は6歳頃といわれています。この時期は乳歯がグラグラと揺れてくることや、永久歯が生えてくるときに痛みが伴うこともあります。通常の生え変わりの順序では、乳歯が抜けてから永久歯が生えてくることが多いですが、乳歯が残っているのにも関わらず永久歯が生えてくることもあります。イレギュラーなことが起きると歯科知識が少ない人は困ってしまうでしょう。では、そんな時の対処法について日暮里駅前デンタルクリニックがお話します。


 

乳歯の生え変わり

乳歯が生えている下(顎の中)には永久歯が準備されています。永久歯が完成してきて生えても大丈夫になると、乳歯の方へ進行していきます。乳歯の根っこは永久歯が生えるために、進行してくると邪魔にならないようにだんだんと溶けていきます。歯科用語では吸収されていくという表現をします。
乳歯の根が吸収されていくことで乳歯はグラグラと揺れていき最終的に抜けていきます。その後永久歯が乳歯の後を追うような形で生えてきて乳歯と永久歯の生え変わりが完了します。この生え変わりが起きるのは乳歯の存在するところでしか起きないので、永久歯の奥歯では起きません。

 

永久歯が先に生えてくることも!

永久歯が先に生えてくることも!

乳歯がまだ抜けていないのに永久歯が先に生えてくる原因はどんなものがあるでしょうか。その一番の原因としてあげられるのは、乳歯がうまく抜けないということです。永久歯が完成しているのにも関わらず顎の中に残ったままというのはありますが、永久歯が早く完成して生えてくるという可能性は歯科医学的に非常に少ないです。乳歯が抜けないという状況はどういった状況かというと、乳歯の根っこの吸収が起きないことで乳歯が抜けなくなってしまっている状態で、永久歯は乳歯を避けるように生えようとするので乳歯が生えているのにも関わらず永久歯が生えてくるのです。

 

対処法

乳歯が残っているのにも関わらず永久歯が生えてきた時はどうしたら良いかです。まず、子供の年齢を考慮しましょう。最初に説明したように6歳頃から永久歯が生え始めます。まず最初に生える永久歯は奥から2番目の歯で第一大臼歯と呼ばれるものです。その次に生えてくる歯は前歯です。乳歯が残っているのに生えてくる永久歯で最初に生えるのはおそらく前歯でしょう。
6歳頃からは顎の発達も始まっていくので乳歯が残っているようだと他の生え変わりにも影響を与えなくはありません。多くの歯医者さんは乳歯を抜くことを推奨しますが、これは永久歯が生えるために、歯並びが良くなるために必要なことなのです。