他人事じゃないかも…成人の約8割は歯周病にかかっているらしい!

他人事じゃないかも…成人の約8割は歯周病にかかっているらしい!

成人の約8割がかかっていると言われている歯周病。歯周病は重症化すると歯が抜け落ちてしまい、日本人の歯を失う原因の第1位となっています。歯周病は自覚症状が現れにくいため、症状が現れた頃に歯医者さんへ行く人が多く気が付いた時には既に歯周病に罹っているという人が多い病気です。今回は誰もが成りうる病気「歯周病」について日暮里駅前デンタルクリニックが紹介します。


 

歯周病はこうして発症する


口の中には何百種もの細菌がおり、その中のいくつかの細菌が歯周病の原因となります。通常、口の中で細菌たちは悪さをすることはありません。細菌は食べ物の糖分をエサとしてプラークという細菌の塊を作ります。プラークは歯磨きを行うことで落とすことが出来ますが、歯磨きで落としきれなかったプラークの中に潜む細菌は毒素を出します。その毒素により歯茎に炎症が起き、歯周病の症状を引き起こします。

 

歯周病の初期症状とは


歯周病は歯肉炎という歯茎のわずかな炎症から起こります。歯肉炎の初期症状は、歯磨きなどで刺激を与えた際の歯茎からの出血、口の中がネバネバする、などが起こります。歯肉炎では痛みはほぼ見られず、生活にそれほど支障をきたす訳ではないため放置してしまい、知らないうちに歯周病へと悪化してしまうケースが多いです。歯肉炎の段階では正常な症状に戻すことが出来ますが、歯周病は完治することが出来ません。

 

歯医者さんで行う歯周病の基本治療

歯医者さんで行う歯周病の基本治療

歯周病の治療は進行状態に応じて異なりますが、基本的な治療は歯のクリーニングがメインで行われます。プラークは放置されると石灰化し歯石となります。歯石そのものには細菌が含まれておりませんが、歯石の構造上細菌の住処となりやすいです。そのため歯のクリーニングでは歯周病の原因となるプラークと歯石を取り除きます。また磨き残しがある部分をどのように磨けば良いかを教えてもらえるブラッシング指導を受けることが出来ます。

 

重症化した歯周病の治療はとても大変!


歯周病が進行すると炎症が波及し歯を支える骨がなくなり、支えを失った歯はぐらついてきます。あまりにも骨が吸収されて治療を続けても改善の見込みがない場合、歯を抜かなくてはなりません。また骨がひどく細菌に侵されると骨髄炎を起こし、最悪の場合骨を切り取る手術が行われます。最初は軽い症状である歯周病ですが、重症化すると大きな負担がかかります。

 

歯周病を甘くみないで


歯周病は口の中の病気のため甘くとらわれがちですが、全身の病気とも大きく関わる病気です。「もしかしたら歯周病かも?」と感じたら手遅れになる前にすぐに歯医者さんへ行きましょう。歯周病を防ぐためには日暮里駅前デンタルクリニックに定期的なメンテナンスへ行くことがオススメです。健康な歯を保ち、いくつになっても自分の歯で食事を楽しみましょう。