妊婦さんにオススメの「歯の治療」のタイミング!

妊婦さんにオススメの「歯の治療」のタイミング!

お腹の中に赤ちゃんがいると何かと気をつかわないといけませんよね。もちろん、口の中の状態にも他と同じように気をつけなくてはいけません。実は口の中の状態が悪いとお腹の中にいる赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまいます。では色々と大変な妊婦さんはどのタイミングで歯医者さんへ行けば良いのでしょうか。今回は妊婦さんにオススメの「歯の治療」のタイミングについて日暮里駅前デンタルクリニックが紹介します。

妊婦さんでも歯科治療を受けることが出来ます

妊婦さんの歯の治療を行う場合、条件はいくつかあるものの、妊婦中でも治療を受けることが出来ます。歯科で使われる麻酔や薬は妊婦さんにでも使えることが出来るものを選び、レントゲンでは放射線が当たらないようしっかりと防護することなど管理や体制が整っていれば安全な治療を受けることが出来ます。

 

妊婦さんの歯の治療は妊婦中期に行う

妊婦さんの場合、体調管理が整った状態で歯科治療を受けてもらうために、できるだけ安定期に治療を行います。安定期とは妊娠5~7ヶ月を指します。この時期では歯科治療を受けてもお腹の中にいる赤ちゃんへ影響することが少ない為、歯の治療を受けるには適した時期と言えるでしょう。治療中は歯医者さんが適切な体制で治療を行ってくれる為、母胎共に身体への負担が軽減されます。

 

歯の治療を避けた方が良い時期とは

歯の治療を避けた方が良い時期とは

妊娠初期はつわりによって歯科器具を口の中に入れることが困難な場合があります。妊娠初期の治療では本格的な治療はまだ始めず、応急処置程度に留めておきます。また妊娠後期ではお腹の中の赤ちゃんも育っている為、妊娠さんへの負担が大きくなってしまいますから出産後に治療を開始します。しかし歯の治療は避けるものの、口の中に違和感を覚えた場合は速やかに歯医者さんへ行きましょう。

 

妊娠中に気をつけて欲しいこと

妊娠中は女性ホルモンが多量に分泌されています。歯周病の原因菌には女性ホルモンを好む細菌がいることから妊娠性歯周炎に非常にかかりやすくなっています。また妊娠初期では、つわりの影響により口の中が酸性に傾いた環境になるため虫歯になりやすくなってしまいます。出来るだけ体調の良い時にこまめに歯磨きをしてあげましょう。

 

妊娠中でも歯科医院へは行きましょう

意外かもしれませんが、妊娠中でも歯の治療を受けられる期間は多くあります。また、妊娠中に歯周病に罹ってしまうと、歯周病の炎症によって分泌されるサイトカインという物質が原因となり、早産や低体重児を引き起こしてしまう恐れがあります。もちろん歯周病が重度になればなるほどこれらのリスクが高まります。母胎共に健康でいる為にも口の中の状態は良くしておきましょう。