歯の詰め物が取れたときに取るべき行動は?

歯の詰め物が取れたときに取るべき行動は?

歯医者で歯の治療を受ける際、削った部分に「詰め物」をすることがあります。この詰め物はそう簡単に取れることはありませんが、何らかの原因で取れてしまう事もあります。そこで、歯の詰め物が取れたときに取るべき行動について日暮里駅前デンタルクリニックが解説します。


 

すぐにでも歯医者に行くのが基本


歯の詰め物が取れたときは、早めに歯医者に行って治療を受ける必要があります。まずは、それを念頭に置いておきましょう。何か対策をすれば歯医者に行かなくても良いというわけではなく、「歯医者に行くまでにしておきたいこと」や「歯医者に行くまでにやってはいけないこと」を中心に解説します。
詰め物が取れてしまったら、専門家である歯医者で詰め直す必要があります。問題なのはそれまでに「詰め物」と「詰め物が取れた歯」をどうするべきなのかを理解しておくことです。忙しくてすぐには歯医者に行けない場合でも、これから説明する内容を遵守して、できるだけ早めに歯医者に行くことを心がけてください。

 

詰め物が取れたときの行動


詰め物が取れてしまった場合は、「詰め物が取れた歯をきちんと歯磨きする」ことが重要です。詰め物をしているということは、その部分のエナメル質が薄い、あるいはエナメル質が失われている可能性もあります。そのため「虫歯」になりやすく、その歯を虫歯から守る必要があるのです。
特に、詰め物が取れてしまった部分の隙間には食べかすが詰まりやすいという問題があります。虫歯の原因になるだけでなく、食べかすが押し込まれて層を成し、歯茎を圧迫して腫れてしまうことがあります。念入りに歯磨きを行い食べかすが溜まらないようにしなければなりませんが、力を入れすぎると歯が削られる恐れもあります。丁寧さと、優しく歯磨きすることを心がけてください。
次に、取れてしまった詰め物は容器に入れて保存しておいてください。手頃だからとティッシュでくるむなどの対処を行うと、外から力が加えられて詰め物が割れたり、変形を起こす可能性があります。また、ティッシュでくるんで適当なところに置いておくと、紛失してしまう可能性もあります。なので、容器に入れて保存しておく必要があるのです。


 

歯医者に行くまでやってはいけないこと

歯医者に行くまでやってはいけないこと

詰め物が取れてしまったときは、やるべきことよりも、やってはいけないことのほうが多いです。少しでも良い状態で治療を受けたいと思うのであれば、以下のポイントに注意してください。
まず、詰め物が取れた歯で物を噛まないようにしてください。詰め物が取れた歯は前述の通り物が詰まりやすいだけでなく、耐久力が少ないという点も問題となります。そのため、例えば右奥歯の詰め物の場合であれば、左の歯で咀嚼するといった工夫をしてください。次に、できるだけ「熱いもの」も「冷たいもの」も飲食しないようにしてください。これらの食べ物・飲み物は「知覚過敏」の原因となりますが、詰め物が取れた歯は温度変化を感じ取りやすい象牙質までの距離が短いです。熱いものや冷たいものを飲食した場合、しみたり痛みやすくなりますので、極力避けましょう。
次に、取れてしまった詰め物を無理に元の状態に戻そうとしないでください。取れてしまった以上はきちんとはまることは少なく、浮いた状態になったり、再び取れてしまうことも考えられます。詰め物が浮いた状態で噛むと詰め物もしくは歯が欠けたり変形を起こす可能性があります。再び取れてそれが口から出て確認できれば良いのですが、最悪の場合は詰め物を飲み込んでしまう可能性があります。特に小さなお子さんや高齢者の方だと気管に入り込んでしまう可能性があり、危険です。
なお、詰め物を適当な接着剤で固定しようとすることも危険です。接着剤と歯の間に隙間ができてしまうと、そこから虫歯が進行してしまいます。また、その状態から詰め物を取り除こうとすると、最悪の場合は歯を削らなければ取り出せない可能性もあります。適当なことはせずに、きちんと歯医者で詰め直してもらうことを念頭に置いておきましょう。


 

詰め物が取れてからいつまでに歯医者に行けば良い?


すぐにでも歯医者に行ってもらいたいところではありますが、忙しくてすぐには行けないなどの事情があると思います。目安としては、詰め物が取れてから長くても2週間以内に歯医者に行ってください。
詰め物が取れた歯を放置すると、虫歯が進行してしまいます。この虫歯が初期段階に入るのが、詰め物が取れてから1ヶ月が目安となります。詰め物が取れてから2週間程度であれば虫歯のリスクはほとんどありませんので、そのうちに歯医者で治療を受けることをお勧めします。
なお、取れてしまった詰め物は歯医者に持っていってください。詰め物の状態によっては、消毒と調整を経てそのまま取り付ける事ができる可能性があります。虫歯が進行してしまうと治療のために欠損部分が大きくなってしまうため、早めに歯医者に行けばその分だけ楽に治療を受けることができます。