歯列矯正中の歯のクリーニングは専門の歯医者でなければ出来ないって本当?

歯列矯正治療中には、特に虫歯や歯周病の確率が上がるため歯のクリーニングは必須です。元々、矯正費用の中に含まれているところもあれば、別請求のところもあるなど内容は歯医者さんによって様々です。しかし、歯のクリーニング内容に満足できない患者さんがいることも事実。でも、勝手に別の歯医者さんでクリーニングをお願いしてもいいのか、そもそも一般歯科でも矯正期間中に歯のクリーニングが出来るのか悩んでいる人は少なくありません。今回は、歯列矯正中の歯のクリーニングが出来る歯医者さんについてお伝えしていきます。

 

歯列矯正中の歯のクリーニングは一般歯科でも可能!

歯列矯正中の歯のクリーニングは一般歯科でも可能!

歯列矯正治療中の歯のクリーニングに関しては、矯正専門歯科、一般歯科問わず可能です。つまり、歯列矯正に関する内容だけは矯正歯科、歯のクリーニングに関しては一般歯科で受診しても問題ありません。ただし、ワイヤーを外すことが出来るのは矯正歯科医のみです。ワイヤーがついた状態では歯のクリーニングがやりにくいため、ワイヤーを外した状態のときに一般歯科に行くと良いでしょう。どうしてもワイヤーがついた状態で、歯のクリーニングをお願いしたい場合は、受け付けている歯医者さんかどうか質問してから来院することをおすすめします。

 

矯正歯科の歯のクリーニングに満足できない原因とは?

矯正歯科の歯のクリーニングに満足できない原因のひとつに、保険診療、自費診療の混合診療を行わないという方針が考えられます。もし通院している歯医者さんが矯正専門歯科で、歯周病や虫歯に関する治療は行わないと徹底している場合、この方針にあてはまる可能性が高いでしょう。この場合は、歯のクリーニングも治療範囲のみということが多いです。それは、裏を返せば保険診療と自費診療の区別をしっかりつけている歯医者さんとも言えるでしょう。治療範囲外の歯石が気になる等の場合は、歯医者さんにまずは相談してください。

 

矯正歯科と一般歯科、2つのかかりつけ医院があると安心

矯正歯科と一般歯科、2つのかかりつけ医院があると安心

歯のクリーニングもしっかりお願いしたいと思うのであれば、矯正専門歯科ではなく「矯正も行なっている一般歯科」で矯正する方法のほかに、矯正歯科と一般歯科の2箇所を使い分ける方法もあります。その場合、歯列矯正中に虫歯ができた場合は、矯正歯科でワイヤーを外してもらった後、一般歯科で治療する。その後矯正歯科で再度ワイヤーをつけてもらうという流れになります。それぞれ専門分野の担当医にお願い出来るメリットがある反面、時間や手間がかかるというデメリットもあります。時間や費用と合わせて、どちらの方法を選ぶのか判断すると良いでしょう。