色だけじゃない!金歯と銀歯の違いとは?

色だけじゃない!金歯と銀歯の違いとは?

虫歯の治療が済んで被せものをするときに、歯医者さんから金歯をすすめられたことはありますか?一般的に多く使用されているのは銀歯ですし、金歯をいれているという人は、あまり見かけないかもしれません。ここでは、銀歯と金歯を比較して、それぞれの特徴や被せものとして使用するにあたってのメリットについても日暮里駅前デンタルクリニックが解説していきます。


 

金歯と銀歯の成分の違い


金歯とは、金や銀、銅、それにプラチナを添加して、強度を高めて作られた金合金で作られています。金100%で作られたものは柔らかすぎて、歯の被せものには適してないのです。それに比べて、銀歯というのは、金銀バラジウム合金というもので作られていて、実は金も混ざっているのです。ただ、金銀バラジウムというのは、合金の一つで、金歯の金合金に比べると、硬く、強度が上がっているのです。銀だけを使用すると、腐食してしまうことがあるために、金を混ぜて耐久性を高めているのです。

 

どちらがお薦め?

どちらがお薦め?

金歯は、金属アレルギーが起きにくく、歯との密着性が高いために、虫歯の再発を防いでくれるというメリットがあります。また、柔らかいので加工もしやすく、噛み合わせの良さはとても優れていると言えるでしょう。そして、劣化もおきにくいため長く使えるというメリットもあります。ただ、保険が効かないために治療費が高くついてしまうというデメリットも存在しています。対して銀歯は、保険の範囲内で収まるために、治療費が安くつきます。このため、銀歯を使用される方がとても多いのですね。しかし、銀歯は古くなると劣化が進みやすく、金属アレルギーも起こしやすいという問題も存在してしまうのも事実です。

 

どちらを選ぶべき?


メリットから考えると、金歯がお薦めできるという点が多いでしょう。しかし、高価なので経済的な負担が大きくなってしまうことと、女性の方ですと金歯はどうしても目立ってしまうので、気になるかもしれません。見た目を気にするのであれば、金歯の上にセラミックを被せたものも視野に入れてみてはいかがでしょうか?安いからといって安易に銀歯にしてしまうと、後々、劣化が進み、虫歯や歯周病を引き起こししまう原因となってしまうこともあります。そうなれば、再び歯医者さんで銀歯を外し治療にあたらければならないので、歯への負担は大きくなってしまいますね。しっかりと考えた上で、自分に最適な被せものを選んでいきましょう。もちろん、被せものを必要としないように健康な歯を保つことが一番ですね。