荒川区日暮里駅前の歯科 | 歯医者なら日暮里駅前デンタルクリニック

ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5615-3700
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

地域お役立ちコラム

子供が虫歯になる前に!荒川区の「歯科相談室」で正しい歯みがきを身に付けよう!

日暮里駅前デンタルクリニックのある荒川区では、親と子供のために多くの試みが行われており、「歯科相談室」もその一環です。今回は、「歯科相談室」の対象者や内容、申し込み方法などを詳しくご紹介していきます。また、虫歯予防にはどう歯を磨けばよいのか、また、どのように指導すれば子供はきちんと歯みがきをするようになるのかも、併せてご紹介します。

荒川区は親と子供のための多くの試みを行っています!

荒川区は親と子供のための多くの試みを行っています!

荒川区では子育て支援の策として、親と子供ための多くの試み を行っています。「出産育児一時金」「入院助産費用助成」などの助成金や、4カ月から3歳までの「乳幼児健診」、「両親学級」や「母親学級」などの学級や講座を実施。出産や育児はお母さんには不安が多く、その相談には特に力を入れています。不妊や不育症で子供ができない夫婦や、育児によって心身ともに疲れているお母さんなどが、専門家に相談することが可能です。また、急な病気に対する、夜間や休日の応急診断も実施しています。

 

特に子供の虫歯予防に力を入れる荒川区!

荒川区の親と子供のための試みでは、「歯は健康のバロメーター」という考えにもとづき、虫歯予防 に力を入れているのも特徴です。まず、1歳6か月と3歳の「乳幼児健診」では歯科検診も行います。講座としては、「母親学級」では「妊娠中の歯科保健について」が、「子育てハッピー講座」では「乳幼児の虫歯予防について」の講座がそれぞれ実施されています。また、相談に関しては「歯科相談室」があり、障がいのある子供のためには、特別に「障がい者歯科相談室」を設けて虫歯予防をしています。

 

荒川区の「歯科相談室」は誰が対象で何を行うのか?

荒川区の「歯科相談室 」は、荒川区に住民票がある3歳未満の子供を対象にした、虫歯予防のための歯科検診です。内容は、無料の「歯科検診」と1回640円の「歯科予防処置」があり、ともに3~4カ月に1回受診します。「歯科検診」は歯科医による口腔内と歯の健康状態のチェックと、食事や歯みがきについての説明です。「歯科予防処置」は検診の結果をもとに、歯科衛生士が歯みがきのチェクをし、希望する場合はフッ素化物塗布も行ない、虫歯予防に努めます。

 

荒川区の「歯科相談室」はいつどこで行われどのように申し込むの?

荒川区の「歯科相談室」はいつどこで行われどのように申し込むの?

「歯科検診」は毎週金曜日に、「歯科予防処置」は毎週火水木曜日に、区役所に隣接する、荒川区がん予防・健康づくりセンター内の荒川区保健所地下1階「歯科相談室」で実施しています。「歯科予防処置」はタオルを持参ください。荒川区保険所の健康推進課歯科担当に予約し、当日は母子健康手帳を提示します。詳細や質問もこの担当の方に行ってください。

■荒川区保健所 健康推進課歯科担当
〒116-8507東京都荒川区荒川二丁目11番1号 荒川区がん予防・健康づくりセンター内
電話:03-3802-3111(内線:423)
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/shisetsu/kuyakusho/hokenjo.html

 

乳歯が生える時期により異なる指導が必用な虫歯予防のための子供の歯みがき!

乳歯は全部で20本、生える時期 や順番には個人差がありますが、だいたい生後6~9ヶ月で下の前歯が生えてきて、そのあと1ヶ月くらいで上の前歯が生えてきます。1歳くらいまでには上下ともに4本の歯が生えそろい、1歳2ヶ月~6ヶ月に奥歯の第一乳臼歯が、1歳9ヶ月~2歳頃には犬歯が、2歳6ヶ月頃までには奥歯の第二乳臼歯が生えてきます。子供の歯みがきは、生え具合によって磨き方の指導も異なるのが、虫歯予防の重要なポイントなのです。

 

子供の歯みがきの指導で注意が必用な点!

まず知る必要があるのは、乳歯はエナメル質が薄く虫歯になりやすいことです。そのため、大人以上に丁寧な歯みがき が必用になります。そのことを踏まえた上で、歯の生え具合を考慮して、はじめはお母さんが手本を示し、やがて自分で歯みがきをするように指導することが大切です。生後6カ月までは前歯も生え揃わず母乳で育つため、虫歯の心配はありません。しかし、この時期に歯みがきに徐々に慣らしていくことが重要です。1~3歳になると徐々に乳歯は生えそろうので、丁寧に歯みがきの仕方を教えましょう。3~5歳になると乳歯も生え揃うので、お母さんが手伝いながら自分で歯みがきをする習慣をつけるように指導しましょう。

 

日暮里駅前デンタルクリニックが教える子供の歯みがきのポイント!

日暮里駅前デンタルクリニックが教える子供の歯みがきのポイント!

いざ子供に歯みがきの指導 をしようとしても、嫌がったりしてなかなか上手くいかないものです。そんな時には、まず子供の口に合う歯ブラシに替えることをおすすめします。重要なのは、歯みがきの回数でなく、虫歯の元となる歯垢をいかに落とすかです。子供の虫歯予防の指導のためには、両親がしっかりとしたみがき方を知らなければなりませんし、しっかりとした指導ができれば、子供も自分で正しい歯みがきができるようになります。どうしても嫌がる場合は、就寝前だけはしっかりと歯磨きをさせましょう。就寝中は唾液が減り、口腔内は虫歯になりやすい状態だからです。

 

歯みがきとともに大切にしたい虫歯予防のための子供のオーラルケアの指導

歯と歯の間の歯垢を歯みがきだけで取り除くのは難しいため、デンタルフロスを使うのが良いうでしょう。そして、できれば子供専用のデンタルフロスを使いたいものです。マウスウオッシュ に関しては、刺激の強いものは逆効果ですので、子供に問題ものを聞いてから使うことが大切。緑茶やよく噛む食品など、歯の健康に飲み物や食べ物もおすすめします。元々歯が弱いなど、どうしても問題がある場合は、荒川区の日暮里駅前デンタルクリニックにご相談ください。

 

まとめ

今回は荒川区の「歯科相談室」をご紹介しました。「歯科相談室」での歯科検診は重要ですが、個別ではないため、どうしても限界があります。子供へのより確実な虫歯予防の指導を希望する親御さんは、ぜひ荒川区の日暮里駅前デンタルクリニックにご連絡ください。

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
西日暮里駅前デンタルクリニック
西日暮里駅前デンタルクリニック
^