診療のご案内

患者への丁寧な説明と対話を大切にした診療

 

歯科医師になったきっかけ

 

院長松永泰典
幼い頃、僕自身が歯科医院に通う機会が多かったんです。
長期で虫歯の治療を受けたり、矯正をしていたので、歯科医院でお世話になる時間が増えるうちにどんどん興味が湧いて、自然な流れで歯科医師を志すようになりました。
高校を卒業してから昭和大学の歯学部へ入学しました。
入学後は勉強の面で大変なこともありましたが、基本的にはとても楽しく有意義な学びの時間を過ごせました。
大学では身体の仕組みについて学び、身体の障害がなぜ起きるのか?などの知識がついて、全身から歯のことを考えるきっかけになりました。
このことは現在の歯科治療に生かせています。

 

開院までの経緯

1999年に昭和大学の歯学部を卒業後、群馬県、茨城県で勤務医経験を積みました。
群馬県ではすごく流行っている1日に100名以上の患者さんがいらっしゃる2軒の歯科医院で勤め、レザー治療や歯周病治療の知識を身に付けました。
茨城県ではじっくりと時間をかけて治療を行う歯科医院に勤め、技術の高い指導医のもと、良い意味でとても厳しい環境の中で経験を積みました。
今でもこちらの歯科技工士の方とは懇意にしております。
その後、個人クリニックの開院を考えておりましたが、自分の力がどれくらい通用するのか?という不安を抱えておりました。
そんな時に、もともと運営されていた当クリニックの院長からお誘いいただき、その後、実際に経営を任せたいという話があって、2006年に院長として当クリニックを開院させていただきました。

開院後の感想

院内設備
開院して8年くらい経ちますが、群馬と茨城での勤務医経験を生かしながら、患者さんに合わせて治療をしようと思っておりました。
最初は患者さんが何を求めているのか?を探るのに苦労しましたね。
例えば、同じことをおっしゃっていても、よくよく聞いてみたら違う意味だったり、本当の希望としてはこれくらい歯を治したいけれど、恥ずかしくて言い出せないという方もいらっしゃいました。

ですので、患者さんの話を深く聞くことに力を入れるようにしました。
どんな症状の患者さんがいらっしゃっても、1つ1つ話し合う「対話式」のコミュニケーションを大切にして、治療をどこまでやるのか? なんのためにやるのか?をしっかり説明した上で、患者さんごとに適した治療方法をご提案しております。

医師が当たり前のように思っていることも、患者さんからすると疑問に感じられることが多いものです。そういった部分を1つ1つ掘り下げて、説明させていただいております。

 

いつも心がけるのは「自分自身が患者さんの立場だったら」ということ

 

力を入れている治療方法について

 

院長 松永泰典
インプラントや歯周病治療、マイクロスコープ治療など、ひと通りの治療に対応しておりますが、できるだけ歯を削ったり抜いたりしない矯正や噛み合わせという「歯を残す治療」に力を入れております。
個人的には、できるかぎりご自身の歯を残すことが、重要だと思っております。
ただし、形だけを残すのか?、もしくは完全に歯の機能が生きた状態で残すのか?で治療は大きく異なります。

また、どうしても歯を残すデメリットが生じる場合もあります。

例えば、グラグラの歯をそのまま残してしまうと、やがて隣の歯もグラグラにしてしまうといった場合です。
そのため、患者さんにはしっかり治療のメリット・デメリットをお伝えして、今、ご自身の歯がどういう状態なのか? 歯を残す、もしくは歯を抜くことで、将来どんなことが考えられるか?をしっかりご説明した上で、1本1本の歯の治療を行っております。

 

こだわりの設備

 
歯科用CT・マイクロスコープなど新鋭の設備を完備しておりますが、僕自身の思い入れで、当クリニックで使用する水を通すパイプにフッ素加工を施し、殺菌水を流しました。
そうすることで、患者さんが殺菌水でうがいをできるようにしました。
実は、ここからクリーンにするというのはとても重要なんです。
歯を抜いたり、患部を切ったりすると、その歯の周りには菌がたくさん発生します。
治療後に殺菌水でうがいをすることで、口の中が腫れる症状が格段と減りました。なかなか見落としがちな細かい部分ですが、自分自身が患者さんの立場になって治療を受けるなら、そこまで気にかけてもらいたいな、という思いで殺菌水を取り入れました。
 

細かいところまで治療方法や設備にこだわっている理由

 

受付
僕は、顔の中で一番目立つのは口だと思います。
口元が綺麗だと相手からの印象が違いますよね。
昔は歯がなくなってしまっても仕方ないという考え方もありましたが、今は口元のしっかりとしたケアは身だしなみの一部だと思われる方も多いんです。
よく就職や面接の時のためにケアをするというケースがありますが、普段会社にいらっしゃっても一緒にいる方の口元って結構気にして見てらっしゃる方が多いんです。
あと、口元を清潔に健康に保ってきちんとメンテナンスをすることで、私生活やお仕事の面でプラスに向かっていくこともあると思いますので、ぜひ普段から気にかけていただけるとうれしいですね。

 
 

歯の健康から身体全体の健康を診られる歯科医師をめざして

 

趣味や休日の過ごし方

院長 松永泰典
カメラが好きで、休日はちょうど一歳になった娘の写真を撮っています。
子どもの撮影に適した距離や明るさを調整してくれるレンズも購入して、日々、子どもの成長記録を残しています。
実はスキーも趣味ですが、今は娘が小さいのでスキーはお休みして、休日はずっと娘を抱っこしていますね。

今から、将来何になるんだろう?とワクワクしながら考えております。
できれば将来は歯科医師になって欲しいですが、どうなりますかね(笑)。

あと、写真を勉強したことで、歯の治療にも役立つようになりました。
口の中の写真をきちんと撮れるようになったので、患者さんの記録をしっかり残しながら、その時々の状態を細かく把握できるようになったんです。

昔、お世話になった先輩の歯科医師に「写真をきちんと撮っている先生は治療が上手いよ」と言われたことがありますが、こういう意味だったのだと納得しています。
これからも、なるべく綺麗に患者さんの治療記録を残していきたいと思っておりますし、そのことによる歯科技術の向上を患者さんに還元していきたいです。

 

今後の展望について

 
なぜ口の中の不調が身体全体の健康に影響を及ぼしているのか?をきちんと理解して治療に取り組みたいと思っております。
例えば、噛み合わせが悪いと片頭痛や体のコリの原因になったり、噛み合わせの位置によって睡眠時無呼吸になる場合があります。
また、噛み合わせが原因で、虫歯が増えるケースも見受けられます。
現在、当クリニックでは矯正と噛み合わせ治療にも力を入れておりますが、口の健康から体全体の不調を改善できるような能力を僕自身がもっとしっかり身に付けて、勤務医にもレクチャーしていきたいと考えております。

患者さんが来院されたときに、当クリニックでできないことがまずないように、より質の高い医療を提供していくのが今後の目標ですね。
 

最後に、みなさまへのメッセージ

 

賞状の数々
お口の中は15歳くらいで噛み合わせができて、30代~40代にかけて人生の折り返し地点というのもあり、全体的なメンテナンスが必要な時期になります。この時期にちゃんとケアをすることで、将来、歯が悪くならないように、そして身体全体の健康を害さないように予防することができます。当クリニックではそういったところに目を向けて、歯の治療に取り組んでおります。ぜひみなさんにも、そういう部分にもポイントを置きながら、ご自身に合う歯科医院を選んでいただけるとうれしいです。
関連記事