オールセラミック

オールセラミック治療

オールセラミッククラウン

「歯の治療した部分が目立ってしまう・・・」。保険で虫歯の治療をすると、金属製のかぶせ物や詰め物を使います。
治療費は安く抑えることができますが、大きな口で笑うと目立ってしまうのが難点です。歯ぐきの色が変色してきたり、虫歯の原因にもなるというデメリットもあります。そうした不安がなく、ずっと安心できるのがオールセラミック治療です。

金属を一切使わない治療法

金属を使わない治療

オールセラミック治療とは、歯を治療するときに、金属やプラスチックを一切使用しない治療法です。
保険で虫歯の治療を行うと、金属製の詰め物やかぶせ物を使うため、口を開いたときにどうしても治療した部分が目立ってしまいます。さらに、金属は「腐食する」という性質があるので、次第に歯と詰め物の間に小さな隙間ができます。すると、その部分から汚れが入り込み、詰め物の内部で虫歯が広がるおそれもあるのです。

歯を白くする審美治療の中には、「メタルボンド」という詰め物やかぶせ物を使用する方法があります。メタルボンドは、金属の表面にセラミックを焼き付けているため、見た目には白くみせることができます。しかし、内側には金属を使用しているので注意が必要です。金属は、イオンを発生させて歯ぐきを変色させるおそれがあるからです。また、歯ぐきが痩せて下がってきたときに金属部分が見えてくることもあります。

歯の治療で金属を使用する利点には、保険が効くことや強度が保てるといった点があります。しかし金属による見た目の悪さ、からだへの影響を考えると、金属を一切使わないオールセラミック治療の方が長期的に見て安全で安心できる治療といえるでしょう。

からだに優しく、自然の歯と変わらない美しさ

オールセラミック治療には、さまざまな利点があります。そのいくつかをご紹介しましょう。

    • ・透明感があり、他の歯と見分けがつかない

セラミックという素材は、プラスチックとくらべても透明感があり、自然の歯に近い質感をもっています。また、時間が経っても劣化しにくいため変色せず、歯の汚れの原因であるタバコやステインによる着色にも強いという特徴があります。

    • ・虫歯になりにくい

金属製の詰め物は、劣化していくと歯と金属の間に隙間ができ、そこから虫歯になってしまいます。口の中は、食べ物によって酸性になったりアルカリ性になったり、熱くもなれば冷たくもなるという過酷な環境です。そうした中でもセラミックは劣化しにくい素材です。ですから、年月がたっても隙間ができにく、虫歯になりにくいのです。

    • ・からだにやさしい素材

金属の詰め物をしている人が、アルミホイルをかむと、「キーン」という痛みが走ります。これは、金属には成分が違う金属同士が触れ合うと電気が流れるという性質があるからです。電気が流れるということは金属イオンが発生し、金属が溶け出すということ。それが、アレルギーの原因になるおそれがあります。セラミックは自然の成分でできており、口の中で溶け出ることもないので、からだにやさしい素材なのです。

歯や歯ぐきの変色で悩んでいる人におすすめ

beautiful woman pointing to teeth

金属を使用せず、からだにもやさしいオールセラミック治療は次のような人に特におすすめできます。

    • ・前歯の神経が死んでしまって色が黒ずんでいる

歯を強く打ち付けたり、虫歯の治療で前歯の神経を抜いてしまうと、その歯はだんだんと黒ずんできます。特に前歯は話したり笑ったりといった時に一番目立つ歯です。オールセラミック治療なら、金属を一切使用しないので、ずっと白い歯を保ち続けることができ、金属による歯ぐきの変色も気になりません。

    • ・薬を飲んで歯の色が変わってしまった

抗生物質などを服用すると、歯が縞模様に変色する場合があります。そうした場合は、歯の表面を削ってセラミックを貼るという治療方法があります。変色することがないのでずっと白い歯を保つことができるでしょう。

    • ・以前の治療で歯ぐきが変色している

銀歯やメタルボンドで治療すると、金属が溶け出して歯ぐきを変色させることがあります。また、土台の色が歯ぐきを通してもわかるので黒ずんで見えることもあります。一度治療した部分も、オールセラミック治療でやり直すと目立たなくできる場合があります。

金属製の詰め物やかぶせ物は保険が適用できるので、治療費が安くなります。しかし、長い目で見ると歯ぐきを変色させたり、虫歯の原因にもなるのでおすすめできません。オールセラミック治療は保険適用外ですが、長期的に白い歯を保つことができ、からだにも良い素材です。一度治療を検討されるのはいかがですか?

関連記事