歯牙移植

失った機能を再生させる治療

Fotolia_63917829_XS

最近の医療において再生医療のことがマスコミ等において話題になることが多いです。
歯の場合人工の補綴物によって機能の回復を図る方法が一般的で、両側の歯を削って固定するブリッジや取り外しの義歯等です。
歯を移植することによって機能回復する方法もあるのです。

一般に親知らずと呼ばれる8番目の歯は一番奥にあるため、正常に生えることが出来なく、上下うまくかみ合うことが出来ない場合が多いです。
従って、この不必要な智歯を欠損した場所に移植する事によって、歯根膜が再生して、機能回復します。
この方法は他人の歯を移植した場合の、免疫による拒絶反応やウイルス感染などの心配がない、最も安全な方法です。

関連記事