一般歯科

当院のむし歯治療

carious human tooth

従来の歯科治療はさまざまな理由で、その原因療法よりも対症療法(たとえば削って詰めること)が中心となる傾向がありました。 その結果、一度治療したはずの歯が再びむし歯になったり、せっかく高価な材料で治したのに、思いのほか持たなかったりといったことをたびたび経験された方も多いと思います。

痛みがとれて、そこが金属などで補綴されると、それで治ったものと安心しがちだと思いますが、実はそれからが大事なのです「何が原因でその歯がむし歯になったのか」もう一度よく考えてみましょう。

当院では、その病気の原因についてきちんと分析することから治療を開始したいと考えています(もちろん、痛みなどの緊急処置については、すみやかに行います)。

Fotolia_83008037_XS

従って多くの場合、比較的早い段階で生活のご指導やブラッシングのトレーニングをさせていただくため、他の歯科医院に比べ、治療期間が長くなる傾向にありますが、どうぞご了承ください。

神経をとってしまうと天然歯と比べ、どうしても寿命が短くなります。さらにいえば「歯は削れば削るほど寿命が短くなる」といっても過言ではありません。

歯をできるだけ削らなくてすむように、早期発見と予防のための定期検診をご利用ください。

関連記事