荒川区日暮里駅前の歯科 | 歯医者なら日暮里駅前デンタルクリニック

ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5615-3700
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

地域お役立ちコラム

ひとり親世帯の子どもの口腔環境が悪化傾向|荒川区「ひとり親家庭医療費助成」で治療費が助成されます

荒川区に暮らす人は、それぞれの家庭で環境が異なります。家庭環境は子供にとって重要で、成長期には大きな影響を与えます。
荒川区で生活するご家庭には、母子家庭、父子家庭もあります。いわゆるひとり親世帯です。ひとり親世帯の中には、子供を歯医者さんに連れて行けていない人もいるのではないでしょうか。現在、ひとり親の子供の口腔崩壊が問題になっています。そこで今回は、ひとり親世帯の子供の口腔崩壊問題、ひとり親家庭医療費助成についてご紹介します。

ひとり親の子供の口腔崩壊問題について

ひとり親の子供の口腔崩壊問題について

現在では、歯 の大切さが認知され、数多くの親御さんは子供を歯医者さんに通わせています。歯科健診を受ければ、予防ができますし、虫歯がある場合は早期治療をして、虫歯菌の進行を早い段階で食い止められます。歯が大切であることへの認知度だけでなく、歯科医療技術も高まり、フッ素コーティングなどを取り入れている歯科医院も多く、そのような技術も子供の虫歯の低下に貢献していると言えます。
NHK福岡が福岡市内の小中学校で行った調査によれば、虫歯がある子どもの割合は年々低下しています。現在では、福岡市内に住む虫歯がある子どもの割合は、6歳で40%前後、3歳で20%以下となっています。福岡市だけでなく、荒川区でも虫歯を抱える子供の割合は減っていますが、歯の健康には格差があるのをご存知でしょうか。
虫歯になる子供は減っているのに、ひとり親世帯の子供の中で虫歯になっている子は多く、ひとり親の子供の口腔崩壊問題が課題として挙げられています。ここでは、「ひとり親の子供」と表現していますが、すべてのひとり親世帯の子供が口腔崩壊になっているということではないので、注意が必要です。

 

ひとり親の子供に診られる口・歯の状況

ひとり親 の子供に診られる口腔内の状況はそれぞれの子で異なります。環境がひどい場合、20本中17本の乳歯が虫歯になっている子もいました。子供より長い年数を生きてきた大人でも、17本も虫歯になることは少なく、お口の環境が好ましくないことが理解できるでしょう。
また、ひとり親世帯の子供の中には、歯痛や頭痛の影響から、食事を楽しめない子や、歯がなくなると診断された子もいるそうです。そのため、口腔崩壊問題となっています。

 

ひとり親世帯でなぜ口腔崩壊が起こるのか

口腔崩壊 が起こる理由は、ご家庭の経済状況です。経済格差という言葉があるように、それぞれのご家庭で年収などが異なります。ひとり親世帯は、共働き世帯よりも稼ぎが少なくなりがちで、裕福に暮らせる経済状況を維持できないご家庭もあります。
しかし、決して歯医者さんを利用するお金を工面できないことだけが理由で、子供の口腔崩壊が起きているのではありません。
生活費を稼ぐために、1日の大半を職場で過ごすひとり親もいます。仕事をしていると、ご家庭でゆっくりと過ごす時間を確保することができず、子供と接する機会も減ります。小学生の中には、歯の大切さを知らない子もいて、自分から進んで歯磨きできないお子様もいます。そのようなお子様に歯磨きすることを促すのが大人の役目ですが、ひとり親の中には時間がないことで、子供の歯のことにまでかまってあげられない人もいるのです。
また、歯の健康を維持するためには、1年に2回以上歯科健診を利用しなければなりませんが、ひとり親の中には歯医者さんに連れて行く余裕がない人もいます。さらに、子供の歯の状態が悪くても、仕事を休めずに放置させざるを得ないひとり親も存在しています。
つまり、治療費がないことが原因で口腔崩壊が起こっているのではなく、生活費を稼ぐために働かなければならず、時間に余裕がないことで子供の歯のケアがおろそかになったり、歯医者さんに連れて行くことができなかったりするため、子供の口腔崩壊が起きているのです。

 

荒川区のひとり親家庭医療費助成について

荒川区のひとり親家庭医療費助成について

子供の歯を守るために、荒川区のひとり親家庭医療費助成制度 を利用してみてはいかがでしょうか。ひとり親家庭医療費助成制度を利用すれば、医療費の一部を助成してもらえます。そのため、医療費の負担を少なくできるのです。
たしかに、子供を歯医者さんに連れていけない理由はお金だけではありません。しかし、医療負担が少なくなることで、その分を生活費などに回せるため、子供に歯科治療を受けさせてあげられやすくなります。
また、お金が理由で歯医者さんに行かせてあげられないご家庭も、非課税世帯は自己負担の必要がないため、歯医者さんに行くことができるでしょう。
ひとり親家庭医療費助成制度を利用するためには、条件や所得制限などもあるので、申請前に確認することをおすすめします。

 

まとめ

子供は大人よりもこれからの人生が長いです。人生を楽しく過ごすためには、お口の健康は欠かせません。そのため、日暮里駅前デンタルクリニックでは、経済的に余裕がないご家庭でも、ひとり親家庭医療費助成を利用してお子様を歯医者さんに通わせることをおすすめします。この機会に、お子様のお口の健康をもう一度考え直してみてはいかがでしょうか。

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
西日暮里駅前デンタルクリニック
西日暮里駅前デンタルクリニック
^