お電話でのお問い合わせ
初診受付ネットご予約
MEDICAL CARE診療案内

セラミック治療

セラミック治療

オールセラミック

「歯を治療した部分が目立って気になってしまう・・」
こんな方はいらっしゃいませんか?
保険で奥歯の治療をすると、多くの場合、金属製のかぶせ物や詰め物になってしまいます。銀歯だと、治療費は安く抑えることができますが、手前の歯だと金属の筋が見えてしまったり、大きな口で笑うと目立ってしまったりするのが難点です。
また、それだけでなく、歯科金属には、アレルギーや変色を起こすリスク、劣化しやすいといった問題点もあります。
オールセラミックならそのような金属の問題点をカバーし、見た目も、健康にもより良い治療をすることができます。

オールセラミックとは

オールセラミックとは
金属を一切使わない治療法
オールセラミック治療とは、歯を治療するときに、金属を一切使用せず、セラミックのみで治療する方法です。金属を使用せず、セラミックのみで治療を行うことで、審美面やお口、体の健康面において、数多くのメリットが得られます。

おすすめ
  1. 銀歯が見えるのが気になる
  2. 前歯の詰め物が変色して見た目が悪い
  3. 神経を抜いた歯が黒ずんでいる
  4. 差し歯周囲の歯茎が黒く変色している
  5. 金属アレルギーが心配
  6. 天然歯に近い仕上がりにしたい
  7. 体にやさしい材料で治療したい
  8. 虫歯や歯周病になりにくい材質で治療したい

金属を使用した治療の問題点

! 銀歯の問題点
保険で奥歯の治療を行う場合、治療する面積が広くなると、噛む力に耐えられるほどの強度が必要となってくるため、金属を使用することが多くなります。そうすると、強い力には耐えられるのですが、どうしても金属が見えてしまい、見た目に問題が出てきてしまいます。
さらに、金属は「腐食、劣化する」という性質があるので、次第に歯と詰め物の間に小さな隙間ができます。すると、その部分から汚れが入り込み、虫歯の再発が起こりやすくなります。
保険がきくので治療費は抑えられますが、銀歯にはこのように多くのデメリットがあります。
! メタルボンドセラミックの問題点
従来までも、古くから「メタルボンド」と呼ばれる、セラミックを使った治療法があり、現在でも行われています。しかし、この方法の場合だと、金属の表面にセラミックを焼き付けるという手法なので、見た目は白く見えても透明感に欠ける、また、金属を使用するため金属アレルギーや歯茎の変色が起こることがあります。そして、歯茎が下がってくると、金属部分が見えて不自然な見た目になってしまうこともあります。
このように、金属を使用することで費用や強度の面でのメリットはあるものの、やはり見た目や体への影響というのが出てきてしまい、満足のいかない結果に終わってしまうことが少なくありません。そこでおすすめしたいのがオールセラミックです。

オールセラミックのメリット

透明感があり、天然歯と見分けがつかない

透明感があり、天然歯と見分けがつかない
セラミックは、自然の歯に近い質感を再現することができ、天然の歯と見分けがつかないほどの仕上がりにすることができます。また、表面に傷がつきにくく、時間が経っても劣化しにくいため、年数が経っても変色することがほとんどなく、タバコやステインによる着色もしにくいという特徴があります。

虫歯・歯周病になりにくい

虫歯・歯周病になりにくい
セラミックは傷がつきにくく、汚れを寄せ付けにくいので、プラスチックの素材に比べて歯茎に炎症を起こしにくく、結果的に歯周病のリスクを低くすることができます。
また、金属の場合は、年数が経つにつれて劣化により歯との間に隙間ができ、そこから虫歯ができやすいのですが、セラミックの場合は劣化が起こりにくく、歯との間に隙間ができにくいため、虫歯が再発するリスクを抑えられます。

からだにやさしい素材

からだにやさしい素材
金属の詰め物をしている人が、アルミホイルをかむと、「キーン」という痛みが走ります。これは、金属には、「成分が違う金属同士が触れ合うと電気が流れる」という性質があるからです。電気が流れるということは、金属イオンが発生し、金属が溶け出すということ。それが、アレルギーの原因になるおそれがあります。
セラミックは材質的に安定しており、口の中で溶け出すこともないので、体に無害でやさしいのが特徴です。

歯茎を黒く変色させない

歯茎を黒く変色させない
オールセラミックは金属を一切使用しませんので、金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみを起こしません。そのため、より美しい見た目の歯茎にすることができます。

オールセラミックのデメリット

保険がきかない

保険がきかない
セラミックは、現在の日本の保険制度では保険がきかないため、治療費が保険治療に比べて高くなってしまいます。

硬いものや強い力で割れることがある

硬いものや強い力で割れることがある
硬いものを強く噛んだり、歯ぎしりや食いしばりの癖がある場合、セラミックが欠けたり割れてしまうことがあります。ですが、最近ではセラミックの改良、開発が進み、ジルコニアセラミックのような非常に硬いセラミックを選ぶこともできます。
医院からのお知らせ
歯科コラム
口腔ケアとウイルス対策
削らない・抜かない歯の治療
アプラスデンタルローン
スポンサー活動
  1. スポンサー活動
  2. スポンサー活動
  3. スポンサー活動
  4. スポンサー活動
グアムサッカーリーグに所属するチャンピオンチーム・ローヴァースFCを応援させて頂いております
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせなどお気軽にご相談ください
電話をかける
ネット予約