荒川区日暮里駅前の歯科 | 歯医者なら日暮里駅前デンタルクリニック

ご予約・お問い合わせなどお気軽に
TEL.03-5615-3700
電話受付 平日9:00-20:00
土日9:00-18:00

歯科コラム

妊婦さんにインプラントはNG!検討中なら妊娠前か出産後に!

妊娠中の歯科治療は、母子共々の安全を考慮し内容によっては行うことが出来ないケースがあります。時期や妊娠さんの体の状態にもよりますが、虫歯や歯周病などといった一般的な歯科治療を行うことはできますが、外科治療や抜歯は、緊急性がない限り基本的には行われません。
インプラント治療をご検討中の方は、妊娠前もしくは出産後に治療を開始することがおススメです。
日暮里駅前デンタルクリニックと一緒に詳しく見ていきましょう。

インプラントの検査、治療

インプラントの検査、治療

インプラントは顎の骨にインプラントのネジを埋め込む手術が必要になります。インプラントの治療の前にお口の中の検査はもちろんのこと、全身の検査も必要となります。一般的な歯科治療ではお口の中のみのレントゲン撮影のため、お腹の中の赤ちゃんへの影響はありません。しかしインプラントの治療では、レントゲン撮影の範囲も広がってしまい、赤ちゃんの影響がないとは言い切ることが出来なくなります。

 

インプラント治療で使われる薬剤など

インプラントの治療は一般の歯科治療より痛みや出血を伴うため、痛み止めや化膿止めといったお薬が頻繁に使われます。また、通常歯医者さんで虫歯などの治療の際に使用される麻酔薬の量は妊娠中でも安全に使うことが出来る量ですが、インプラント治療では麻酔薬の量が多くなってしまいます。よってインプラントで使用される薬剤は赤ちゃんに安全であると断定できません。

 

インプラントの治療中に妊娠が発覚した場合

インプラントの治療中に妊娠が発覚した場合

インプラントの治療を行っている最中に妊娠が発覚した場合、まずは担当している歯科医師と産婦人科医に相談してください。インプラントの治療は母体共に負担が大きい治療ですから、妊娠が発覚したときは一時中断になると思った方がよいでしょう。せっかくここまで治療したのに…と無理はしないでください。インプラントの治療は出産後からでも改めて行うことはできます。
また、インプラントの治療途中もしくは完了した後はメンテナンスに行くように心がけましょう。インプラントの周りはお掃除が難しい上、妊娠中はお口の環境が変わっています。清潔に保つためにも歯医者さんで定期的なメンテナンスが必要となります。

 

インプラントを検討するなら妊娠前か出産後に!

インプラントの治療は身体に負担がかかるものです。妊婦さんや赤ちゃんの健康を考えると、基本的に妊娠中にインプラントの治療を行うことはできません。インプラントの治療を安全かつスムーズに受けるためには、妊娠前か出産後に行いましょう。

→当院のインプラント治療についてもっと詳しく見る

  • 診療カレンダー

系列歯科医院
西日暮里駅前デンタルクリニック
西日暮里駅前デンタルクリニック
^