COLUMN歯科コラム

知っていましたか?歯ブラシで落とせる汚れはたったの6割!

毎日歯磨きをしているから自分は大丈夫!と思っている人もいるのではないでしょうか?たしかに、虫歯や歯周病を防ぐために歯磨きは欠かせないものです。

ですが、実は毎日歯ブラシで磨いていても、実際に落とせている汚れは、なんと、たったの6割程度だと言われています。

歯ブラシだけでの歯磨きでは不十分

toothbrush_stain_01

日本人はきれい好きな人が多く、子どもの頃から歯磨きの習慣が身についているので、1日に最低でも2回磨く、という人が大半です。ですが、なぜか日本人は虫歯や歯周病にかかる人が非常に多いという事実があります。

その大きな原因の一つとして、実は歯磨きによって汚れの取り残しが多い、ということが挙げられるでしょう。

冒頭でも触れましたが、歯ブラシだけで歯磨きをしている場合、どんなに頑張っても6割程度しか落とせない、ということがわかっているのです。

しかも、磨けている場所というのはいつも大体決まっていて、磨き残しが出るところも決まっていますので、磨き残しが出るところは蓄積した細菌により、非常に虫歯や歯周病リスクが高くなる、ということが言えるでしょう。

歯ブラシだけでなく、補助清掃器具も使いましょう

toothbrush_stain_02

歯ブラシだけでなぜ汚れが全部落とせないのか?
その理由は、歯ブラシでは、歯と歯の間などの細かい部分の汚れを落とすことができないからです。
特に歯と歯の間には歯ブラシの毛先は入っていかないため、その部分の汚れはいずれ虫歯や歯周病を発症させてしまう恐れがあります。

ここでぜひ使っていただきたいのが、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシといった補助清掃器具と呼ばれるものです。

デンタルフロスは、歯と歯が接触している部分に通す糸状のもの、歯間ブラシは歯と歯の間の下の隙間を磨くためのもので、こちらはある程度歯周病が進んで歯茎が下がった場合に用います。これらを使用することで、どんなに歯ブラシで頑張っても取れなかった汚れがいとも簡単に取れるようになります。

ちなみに、デンタルフロスを歯磨きの際に併用すると、汚れ除去効率は9割にまで高まると言われています。

残りの1割は、歯茎の溝の部分にたまる汚れなどで、こちらはご自分で取り除くには限界があるため、歯科医院に定期的に通っていただき、クリーニングをして取り除く必要があります。

これまで歯ブラシしか使っていなかった方は、ぜひ、デンタルフロスや歯間ブラシを毎日の歯磨き取り入れてみてください。

使い方があまりわからない、専門家から使い方を教わったことがない、という方は、ぜひ一度歯科医院でブラッシング指導を受けてみましょう。

この記事もよく読まれています!
医院からのお知らせ
歯科コラム
口腔ケアとウイルス対策
削らない・抜かない歯の治療
アプラスデンタルローン
当院のコロナ予防対策について
スポンサー活動
  1. スポンサー活動
  2. スポンサー活動
  3. スポンサー活動
  4. スポンサー活動
グアムサッカーリーグに所属するチャンピオンチーム・ローヴァースFCを応援させて頂いております
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせなどお気軽にご相談ください